過去記事の見直しに伴い、投稿日付がぶれています。
適宜修正しますので、日付はとりあえず無視でお願いします。

ピリオドの彼方に(http://period.ek-pro.com/)
雑文中心のブログ。

イイラボ(http://labo.ek-pro.com/)
ウェブサイトを構築するにあたっての知識を集めたウェブサイト。

ピカリンク(http://pikalink.net/)
リンク用HTMLを自動的に生成するWEBサービス。
ドラクエ攻略FAQ(https://www.dqfaq.com/)のデザインをBootstrapを使って更新しようとしています。

せっかく新しくするのだからBootstrap4をもとに作成しているのですが、そのバージョンではjQuery3系が利用されています。そして、jQuery3ではfadeInとfadeOutが効かず、使えなくなっていることに気づきました、今更ながら。

ということで、なんとか「fadeInとfadeOutが使えなくなった」問題に対処しようと思い、はじめはjavascriptでfadeIn/fadeOutを実装してもいいかな、と考えたのですが、そういう見た目部分はCSSが、特にCSS3でできたよなぁと思い、いろいろ探してみたところ、以下のページですでにばっちり実験されていました。
【HTML/CSS】たかがフェードイン/フェードアウトするだけの挙動に全力で取り組んだ結果、最強のCSSができてしまった話【最強】
20180815.png


うん、もうこれでいい。というか、最強なんだからこれがいい。
ありがとうございます。大変役立ちました。

日本語ファイル名のファイルをWEBサーバにアップロードして、そこから日本語ファイル名のままファイルをダウンロードさせたい、アクセスさせたい、ということは割とよくあると思います。
よくわからない文字列に変換されてしまうと、サーバーからも探しにくいですし。

で、ローカルはWindows、でもWEBサーバはLinux、という割とよくあるパターンの場合、Windowsのファイル名の文字コードはShift_JIS、Linux側のファイル名の文字コードはUTF-8のため、何も考えずファイルをFTPでアップロードすると文字化けが発生します。
文字化けというか、サーバ側でもSfift_JISの文字コードの日本語ファイル名で保存されます。

Apache2.4でバーチャルホストに自己証明書を入れる方法(その1)からの続きです。
前回作成したSSL証明書を使ってWEBサーバを起動します。

さくらのレンタルサーバーで動かしている ドラクエ攻略FAQfswikiを使っているのですが、この度バージョンアップがあったので、サーバー側もバージョンアップすることにしました。

せっかくなので、同じく古いままになっていたローカル環境もアップデート、というかxamppを再セットアップしました。

また、dqfaqはさくら、というかLet’s Encrypt が提供してるSSLサーバー証明書を使ってHTTPSでアクセスできるようにしているので、ローカルにも同じ環境、つまりHTTPSでテストできるようにしました。
ただし、さくらからは証明書のエクスポートができない(プランによる?)のて、ローカル側は自己証明書(オレオレ証明書)にしています。

ローカルの環境はwindows10です。