上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad向けWebアプリケーション開発テクニックに記載があったのでメモ。
CSSの振り分けとかは、そのスタイルに画面サイズが適合しているか(例えば、横幅1024px前提でデザインしているのであれば、1024px以上か未満で振り分ける)のが単純で楽。

SafariJavaScript内容備考
iPad Safariscreen.width768デバイスの垂直水平関係なく固定値
screen.height1024デバイスの垂直水平関係なく固定値
window.orientation0デバイス垂直時
window.orientation90左へ90度回転させて水平にした場合
window.orientation-90右へ90度回転させて水平にした場合
orientationchange回転時イベントwindowsに発生
iPhone Safariscreen.width320デバイスの垂直水平関係なく固定値
screen.height480デバイスの垂直水平関係なく固定値
iPod Safariscreen.width320デバイスの垂直水平関係なく固定値
screen.height480デバイスの垂直水平関係なく固定値


Related Posts

Thoughts on スポンサーサイトiPhone/iPod と iPadのscreen.width

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。