上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセスログなどのログファイルから特定のIPアドレスを抽出する場合、正規表現を使って該当するデータを抜き出すことがあると思います。

このとき、例えば「192.168.1.128~192.168.1.255」というようにオクテット単位で抽出するのであれば簡単に正規表現がかけます。
上記の例であれば最後の部分だけ「[128-255]」としてやればよいだけです。

しかし、「192.168.1.128~192.168.5.127」というように、255進数としての桁上がりがある場合、正規表現はちょっと考えないといけません。

考えるのが面倒くさい、そういう人のためにGoogleがツールを準備してくれています(P アドレスの範囲を指定して、そこからのトラフィックを除外するにはどうしたらよいですか?)
このツールを使えば、例えば先の例では「^192\.168\.(1\.(1(2[8-9]|[3-9][0-9])|2([0-4][0-9]|5[0-5]))|(([2-4])\.([0-9]|[1-9][0-9]|1([0-9][0-9])|2([0-4][0-9]|5[0-5])))|5\.([0-9]|[1-9][0-9]|1([0-1][0-9]|2[0-7])))$」という正規表現になります。

Google Analytics用に準備されているようですが、大変有用です。
Related Posts

Thoughts on スポンサーサイトIPアドレスの正規表現

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。