上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Virtual PC以外、もっと具体的には「Oracle VM VirtualBox」で動かす方法のメモです。
XP ModeについてはこちらのMicrosoft公式ページを参照下さい

XP ModeをそのままVirtualBoxで動かそうとするとWindowsのライセンス認証が問われて面倒くさいです(なお、XP Modeは使用する権利を持ったホストOS上であれば、どの仮想化ソフトを使って動作させても問題ありません)。
それを回避し、最新のVirtualBoxでXP Modeを動かす方法です。

ちなみに、XP Modeを動かす目的は、その仮想サーバ上でXAMPPとWord Pressを入れてテスト、です。
一時的なバックアップを取るにはスナップショットが便利なので、VirtualBox上で動作させたいと思います。また、MySQLを使うので、複数CPUで動作する仮想マシン上で動かしたい、ということもあります(一般的な仮想化のメリットはGoogleなどに聞いてもらえれば出てきます

おおまかな手順は以下の通りです。
1.「Windows XP mode」のダウンロード、インストール
2.「Sun xVM VirtualBox 3.1.2」のダウンロード、インストール
3.「VMLiteWorkstationPluginSetup.exe」のダウンロード、インストール
4.VirtualBoxのアップデート

1.「Windows XP mode」のダウンロード、インストール

Windows XP Mode のダウンロード」からダウンロード。
インストールも通常のアプリケーションと同じです。

2.「Sun xVM VirtualBox 3.1.2」のダウンロード、インストール

VMLite Workstation Plugin を動作させるために必要です。ダウンロードは以下のリンクから。
http://download.virtualbox.org/virtualbox/3.1.2/VirtualBox-3.1.2-56127-Win.exe

インストールは特に難しいことはありません。
デフォルトの設定のままで、次へ次へで完了します。

3.「VMLiteWorkstationPluginSetup.exe」のダウンロード、インストール

Windowsのライセンス認証を問われなくとも動作させるために必要です。
以下からダウンロードできますが、まずはユーザ登録が必要です。フリーメールなどで登録しておきましょう。
http://www.vmlite.com/index.php?option=com_rokdownloads&view=folder&Itemid=153

インストールが終わると、VMLite XP Modeのセットアップが起動します。
特に複雑なことはありません(Windowsのインストールができる人なら問題ない) 。基本的にデフォルトのままで次へ次へで完了します。

完了すると仮想マシンの変換(?)と起動が始まりますので、しばらく待機します。
「詳細」を出しておかないと日付の選択などで止まっていることがわからないので、表示させておきましょう。
2012-01-02_1102_VMLite-XPmode.png

起動が終わったら、一旦仮想マシン(Windows)をシャットダウンします。
VirtualBoxから起動できることを確認しておくとよいでしょう。
2012-01-02_1102_VMLite-XPmode02.png

VirtualBoxでWindowsが起動できることを確認したら、VMLite Workstation Plugin をアンインストールしても問題無いようです。
ただし、「pcbios.bin」は忘れずにどこかにコピーしておく(保存しておく)必要があります(場所:C:\Program Files\VMLite\VMLite Workstation)。アンインストール前に必ず取得しておいて下さい。
2012-01-02_1102_VMLite-XPmode04.png


4.VirtualBoxのアップデート

VirtualBox をアップデートします。
VirtualBox を起動し、ヘルプ->アップデートの確認、でダウンロード可能です。

ダウンロードしたら、インストールします。
特に複雑な設定はなく、次へ次へで設定可能です。

アップデート後、XP modeの仮想マシンを起動しようとすると警告がでるかもしれません。

仮想マシン"VMLite XP Mode"のセッションを開けませんでした。

Implementation of the USB 2.0 controller not found!

Because the USB 2.0 controller state is part of the saved VM state, the VM cannot be started. To fix this problem, either install the 'Oracle VM VirtualBox Extension Pack' or disable USB 2.0 support in the VM settings (VERR_NOT_FOUND).

終了コード : E_FAIL (0x80004005)
コンポーネント: Console
インターフェース: IConsole {1968b7d3-e3bf-4ceb-99e0-cb7c913317bb}
2012-01-02_1102_VMLite-XPmode03.png


このときは https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads から拡張パックをダウンロードしてインストールして下さい。
これも特に難しいこともなく、ダウンロードしたものをダブルクリックしてインストール、次へ次へで完了です。

また、VMLite Pluginをアンインストールしている場合、次の警告が出ます。

仮想マシン"VMLite XP Mode"のセッションを開けませんでした。

Failed to open system BIOS file 'C:/Program Files/VMLite/VMLite Workstation/pcbios.bin' (VERR_PATH_NOT_FOUND).

終了コード : E_FAIL (0x80004005)
コンポーネント: Console
インターフェース: IConsole {1968b7d3-e3bf-4ceb-99e0-cb7c913317bb}


この場合、先程コピーしたbiosファイルの場所の設定を変更する必要があります。
変更するファイルは「%USERPROFILE%\.VirtualBox\VMLite XP Mode」以下にある「VMLite XP Mode.xml」です。

変更する場所は以下の通りです(2ヶ所)
編集する前に、念のためxmlファイルのバックアップを取っておくとよいでしょう。

【1】
<ExtraDataItem name="VBoxInternal/Devices/pcbios/0/Config/BiosRom" value="C:/Program Files/VMLite/VMLite Workstation/pcbios.bin"/>

のvalue値を実際のbiosファイルを保存した場所に変更します。
(vhdと同じフォルダに保管しておくとよいかもしれません)

【2】
<Logo fadeIn="true" fadeOut="true" displayTime="0" imagePath="C:/Program Files/VMLite/VMLite Workstation/bios-logo.bmp"/>

を削除します。


以上の手順をすべて行えば、問題なくXP Modeが起動できるはずです。
2012-01-02_1102_VMLite-XPmode05.png
Related Posts

Thoughts on スポンサーサイトVitualBoxでXP Modeを起動させる方法

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。