上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容量削減等々の目的で/packer/(http://dean.edwards.name/packer/)を利用しJavaScriptを圧縮することはよくあると思います。
しかし同じく、圧縮した後のJavaScriptファイルは残っているものの、圧縮前のものが無い、ということもよくあると思います(たぶん)。

そんなとき、packerで圧縮したJavaScriptファイルを圧縮前のものに戻すサービスとして、以下があります。
圧縮した後のJavaScriptをコピペして「decode」ボタンひとつで元に戻ります。

■packer decoder
http://blog.shimazu.org/utils/packer_decoder.html
2012-02-23_01.png


で、圧縮したものを元に戻しただけだと、インデントの無い非常に読みづらいソースになっています。
ということで、以下で整形します。

■Online JavaScript beautifier
http://jsbeautifier.org/
2012-02-23_02.png


これで元のファイルを無くしても安心ですね。
Related Posts

Thoughts on スポンサーサイトpackerで圧縮されたJavaScriptを元に戻す

says... 本当にありがとです(^_^)

Date:2013/07/17 14:55

このコードの戻し方を1週間ぐらい探してました(^_^;)
この記事を載せていただきほんと感謝です(>_<)
これからもブログ頑張ってくださいね(*^。^*)

says... コメントありがとうございます

Date:2013/07/18 01:36

お役に立てて何よりです。
更新は遅めなブログですが、これからも頑張っていきます。

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。