三菱総研がインターネット上で公開しているコラム Take IT Easy で、興味深いことが上がっていたため取り上げてみました。

テーマは、「ランキング上位のブログはいいブログか」。

タイトルは「ブログ・ランキングとブログの質について」。ブログランキングのランキング上位のブログが、必ずしも良質なブログでない現状と、いいブログの見つけ方、および現状のランキングの改善方法について述べられています。

『高密度商業地域』はブログランキングに参加しているし、そういう身で批判するのもなんだかなぁと思いますが、ブログランキング上位にあるブログはランキング用リンクをクリックさせることが上手いブログである気がします(個人的感想)。

まぁ、でも、ブログランキングページからのトラフィック量は少ないと思うのですが、どうなのでしょう? 順位上げる意味があるのかな……。
トラフィックが少ないのは、このブログが上位表示されていないからもしれません:)


また、ランキングといえばGoogleで、そのGoogleのためにSEOばかりがもてはやされています。
SEOは不要だとは思いません。検索エンジンに優しくすることは、宣伝と同じくらい重要だと思います。


ただ、最も重要なのはです。

SEOとかランキング上位のためのリンク云々は、作る側の都合であって、見てる側からすれば、そこに求めている情報があって、きちんと表示されていれば何の問題もありません。
それこそ、HTMLのソースがぐちゃぐちゃであったとしても、そのウェブサイトにしかない情報で、その情報が必要なら、何としてでも情報を得ようとするものです