上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分への戒め。

本当に何年ぶりか分からないくらい久しぶりに、日立製サーバに対しOSをゼロからインストールしました。

最近サーバを買うときは、業者さんに組み立ててOSセットアップまでして持ってきてもらうことが多かったのですが、今回のお客様が「ボリュームラインセスがあるから、それつかってインストールして」ということから、ほぼ素の状態のサーバにOSインストールから開始。
日立製サーバもめちゃくちゃ久しぶりでした……。

で、仮想サーバにOSインストールをするイメージで、WindowsのDVDからサーバを起動しインストールしたものの、デバイスマネージャーを見ると「不明なデバイス」がずらりと並ぶ状態
「ん?」という感じになり、附属のDVDからドライバを入れようとするものの、その「不明なデバイス」がLANボードなのかFCボードなのか何なのかが全く分からず。

そのときになって初めて、「いやいや、今どきこんなに一つ一つドライバを入れていくセットアップの訳がない」と思い、ようやく記憶の破片から「サーバ添付のDVDからブートし、そのウィザードに従ってOSをインストールする」ということを思い出しました、という話。

サーバ添付のドキュメントに書いてあるんですけどね……。そのドキュメントがPDFでサーバ上では読めず、手持ちのPCもDVDドライブはなく、外付けDVDドライブも無い、という状態で完全に手詰まりとなったわけです。

教訓として、「サーバにOSをインストールするときは、附属のDVDからブートする」もそうですが、「自分の環境でDVD+PDFが読める状態にしておく」が重要だと今更ながら思った次第。
くー、余計な手間で余計な疲れが溜まってしまった……。
Related Posts

Thoughts on スポンサーサイトサーバにOSをインストールするときは、附属のDVDからブートする

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。