上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows 上に Apache + Tomcat となっているAPサーバにおいて、SSL通信(HTTPS)ができるよう設定を行ったのでそのメモです。
長文かと思えば、単なるまとめリンクなので短め。車輪の再発明をしても仕方ないので。

■SSL(HTTPS)ってナンジャラホイ
図解で学ぶネットワークの基礎:SSL編」をどうぞ。
「共通鍵暗号」「公開鍵暗号」とか含めた解説です。ここが分かっていれば全体の理解が早い気がします。

■ApacheとTomcat、どちらでSSLの設定をすればいいの?
どちらでも問題無いとは思いますが、今回はApacheの方で設定しました。
結果として、.jspファイルにも問題なくSSLで通信できています。

■手順は?
グローバルサイン社の公式「Windows環境にApacheを導入する方法」をどうぞ。
これだけで問題なく完了出来ました。


Related Posts

Thoughts on スポンサーサイトApache + Tomcat 構成でSSL通信(HTTPS)するためのメモ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。