パソコンで見たときと携帯から見たときでホームページを分けず、どちらからでも見られるようにしている方がいるかと思います。

例えば、別サイト「空見れどれどれ」も携帯からがメインですが、パソコンからでも問題なく観覧できるようにしています。
日本のインターネットの現状を考えると、携帯電話からでもホームページを見られるようにしておく方が良い、これは間違いありません。
しかし、パソコン用と携帯用という風にホームページを作り分けると、管理が非常に面倒になってしまいます。

そこで、携帯ではCSSが(あまり)反映されないことを利用し、パソコンからの見え方をCSSで制御する方法があります。
上記「空見れどれどれ」がそれです。

さらに、メディアタイプ(media)を"screen"としているため、携帯がCSSに対応しても見え方に問題は出ません(おそらく)。


しかし、上記のような方法を用いパソコン用と携帯用を共通化しているときにでも、1ページのある部分をパソコンでは「ABCDEFG」、携帯では「いろはにほへと」と表示させたいことがあります。

具体例を挙げれば、アフィリエイトリンク。
一般にパソコン用アフィリエイトリンクと、携帯用アフィリエイトリンクは異なっています。
携帯用リンクをパソコンからクリックしても何らボーナスが得られないため、上記のような表示分岐をしたい、というケースです。


SSIPHPを使い、この問題を解決します。
続きは「「パソコン用と携帯用ウェブサイト」のメモ2」で。