JavaScriptを使いツールーバー(戻るボタンや、URLが表示されている部分)を非表示にすることが可能です。

<a href="#" onClick="Javascript:window.open('index.html','title','toolbar=0,location=0,menubar=0,directories=0');return false;">ここをクリック</a>

ここをクリック

のようにアンカーに設定すると、このアンカーをクリックしたリンク先ウインドウのツールバーや、アドレスバー、メニューバーが表示されなくなります。


ただし、この方法はインターネットエクスプローラーのバージョン6.0(Internet Exploere、以下IE6)の話。

IE7ではどうなっているのでしょうか。
参考になるのはInternetWatchのこちらの記事。
Internet Explorer 7入門講座

ここにあるとおり、上記のようなJavaScriptリンクをクリックして表示されたページであっても、アドレスバーなどは消えず、表示されたままになります。

理由は、

セキュリティ対策の一環として、ユーザーにURLとセキュリティゾーンを常に見せるためと思われる。


とのこと。

ただし、

ローカル上でJavaScriptをテストすると、アドレス欄とステータスバーは消すことができる。


ため、注意が必要です。


追記:
ローカル上で、つまり、ファイルをウェブサーバにアップロードしないで、自分のパソコン上でダブルクリックして開いたときに「アドレス欄とステータスバーは消すことができる」のは、ローカル=イントラネットゾーンと判断されているためだと思われます。

IE7の設定で、イントラネット内はツールバーを消すことを可能、という設定ができるため、イントラネット内の使用であればこの設定を行うことでIE6のようにツールバーを消すことが可能と思われます。