上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wikiは便利なツールですが、その多くはURLが
「http://www.example.com/wiki.cgi?nantoka」
などと、動的なページ・URLとなります。

一般に、動的なURLはSEOに不利で、また、サーチエンジンにもインデックスされにくいという弱点があります。
そのため、wikiの使用に踏み切れない方もいるのではないでしょうか。

しかし、FreeStyle Wikiを用いてほぼ完全に静的なURLのサイトを「ドラクエ攻略FAQ」にて実現しています。

wiki故に、最低限動的な部分(ページの編集など)がありますが、逆にそこはサーチエンジンに登録される必要が無いので、動的なURLでも問題ありません。

msearchを含めた検索結果まで静的URLに見せかけているので、これで「編集」などのメニューを消せば、ほとんど静的ページと見分けがつかないと思います。


カスタマイズ内容については、近々公開します。
サンプルサイトを作成しておきました。ご覧下さい。「静的URLテストwiki(http://e-kanji.eco.to/staticurl/)」
Related Posts

Thoughts on スポンサーサイト静的URLに偽装したwiki

says...

Date:2007/09/07 00:04

初めまして<(_ _)>
mikan_3col_kotatsuを使わせていただいてます_(._.)_

ちょっと質問があるんですが、homeから一番下のNext Pageをおして次のページ行くと一番下にNext Pageが表示されないんです。
どうにか表示させる方法はないでしょうか?
返事お待ちしております。。。

says...

Date:2007/09/08 09:09

バグのご指摘、有難うございます。

当テンプレートの277行目
<!--index_area-->

<!--not_date_area-->

287行目の
<!--/index_area-->

<!--/not_date_area-->

に修正してください。

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。