上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、というかここずっとですが、まとめサイトなどを作成する際にWiki(WikiWikiWeb)が人気です。
多くの人の知識が集積できるということで、まとめサイト向きであることは確かです。

日本ではPukiWikiが人気ですが、コードがスパゲッティ状態であり、かつ管理する機能に乏しく、使う側としては問題ないものの、管理する側としてはなかなか受け入れがたいWikiです。

ということで、個人的にはFreeStyleWikiを使っています。
「徹底されたモジュール化」がなされているため、全体の見通しがよく、また標準で管理ページがあるため、Wiki全体の管理もしやすいのが特徴です。

また、追加プラグインを使用することで、いわゆるWikiっぽいURL(例:?page=FrontPage)ではなく、静的HTMLページ(FrontPage.html)のように見せかけることができるのがSEO的にも大きなポイントです。


そんなFSwikiですが、なかなか使っているサイトを見かけませんでした。
とっつきにくさがあるかなーとおもって、自分で使い方をまとめようと考えてたら、すでにありました。

A Guide to FreeStyle Wiki」さんです。
かなり詳しく解説されていますので、お勧めです。
(2010/04/14 リンク修正)

Related Posts

Thoughts on スポンサーサイトFreeStyleWiki(FSwiki)の使い方

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。