「起動しなくなったWindowsXPを起動させる方法」と書きましたが、起動させられるかも?という方法です。

検証用にWindows XPの仮想環境をVirtual Box上に作っていたのですが、何かのタイミング、おそらくシャットダウン中などに強制的に落とした、等で起動しなくなりました。
Virtual Boxで動かしているので、Virtual Boxのロゴが出た後ブラックアウトしてうんともすんとも、という状態。


XPのCDはあるのでリカバリできないこともないのですが、そのCDは無印XP、動かしているのはSP3なので多分一筋縄にはいかないなぁ、面倒くさいなぁ、と思ってました。
検証中のデータだけ抜ければ再セットアップでいいのに…と。

で、思いついたのが、データだけ抜ければいいのであれば、他の仮想マシンの別ドライブに壊れたWinXPの仮想HDD(vid)を割り当ててやれば、もしかしたら中身は見れるかも。。。という考え。


早速、仮想環境のWin2000のDドライブに割り当ててやり、Win2000を起動。
すると、起動中にDiskの修復が走りました! で、修復は無事終わり、Win2000からはXPのHDDがDドライブとして見える!という状態に!!

で、一応データだけは抜いて、もしかしたら単体でも起動するようになってるかなーと単体で起動させてみたら、そちらも無事起動。
ヨカッタヨカッタ。


たまたま検証用のWin2000がある環境でしたが、無いよ、という方は最新のWindows ServerはMS公式サイトから評価版のダウンロードできるはずなので、それをインストールして試してみると良いかと思います。
物理環境のWinXPだよ!という方、仮想も物理も根本は同じで、壊れた(ように見える)WinXPのHDDを抜いてやり、他のパソコンに接続して chkdsk を走らせれば治るかもしれません。


【※ 2016/01/17 追記】

仮想HDDをCHKDSKかけて動くようにした後、そのドライブに適当なテキストファイルを作成して保存するなど、物理的に更新をかけないとCHKDSKによる修復が保存されない模様。

iPhoneを使ってどうしても半角カタカナを入力したかったが、どうにもこうにもできず、見つけたツールも個人的には使い勝手悪かったので、作ってみました。
全角から半角への変換ツール
今更ながら、ではありますが、ファイル名が日本語のHTMLファイルを使ったときの注意点などをメモしておきます。自分用。
「日本語のHTMLファイル」というのは、「http://ek-pro.com/テスト.html」みたいな話のことです。

Wikipediaのように、URL欄に「http://ja.wikipedia.org/wiki/ウィキペディア」と表示させたい、と思ったのがきっかけです。
挙動を理解するまで手間取ったので、備忘録代わりに残しておきます。

Wordpressなどの検索ボックス(検索フォーム)において、半角スペースは"AND"検索ですが、全角スペースを入れるとひとつの単語とみなされて検索されることが有ります。
例えば、「javascript input 空白」なら「javascript」「input」「空白」のAND検索ですが、「javascript input 空白」だと「javascript input 空白」という文字列の検索になってしまい、入力者が意図とはことなる結果が返ってきます。

これはあまりよろしくないので、検索ボックスの全角空白を自動で半角空白に換えるJavaScriptコードを作成してみました。
自分でさくらのブログ(ピリオドの彼方に)で使う用です。
自分への戒め。

本当に何年ぶりか分からないくらい久しぶりに、日立製サーバに対しOSをゼロからインストールしました。

最近サーバを買うときは、業者さんに組み立ててOSセットアップまでして持ってきてもらうことが多かったのですが、今回のお客様が「ボリュームラインセスがあるから、それつかってインストールして」ということから、ほぼ素の状態のサーバにOSインストールから開始。
日立製サーバもめちゃくちゃ久しぶりでした……。